痛風 治したい 尿酸値を下げる

痛風を治したい!※尿酸値を効果的に下げる秘訣をご紹介※

 

 

 

「もう、歩くのも辛い…」
「痛風発作の激痛を何とかしたい!」
「尿酸値がなかなか下がらない…」

 

こんなお悩みはありませんか?

 

「風が吹いても痛い」と言われる痛風は、贅沢病とも言われています。毎日の食生活で贅沢なものばかり食べている人がなっていたことからそう言われてきたようです。

 

日本では痛風は明治以前にはないとされた病気でしたが、現在では昔と違って食生活に大きな変化が現れています。昔は一部のお金がある人しか食べられなかったものが普通に食べられるようになってきたため、一般の人にも多く痛風の患者が広がっています。

 

現在では全国に数十万人の痛風患者がいると推定されています。

 

痛風になると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛風発作が起きると、冷や汗をかくほどの激痛で夜も眠れなかったり、歩くこともままならない状態になります。手足の痛みで仕事や家事、車の運転もできなくなったり日常生活に大きな支障が出ます。

 

たいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まってくるようです。ただし、症状がなくなったからと言って治ったわけではなく、多くの場合1年以内にまた同じような発作が起きることが多いようです。放置しておくと重度の慢性痛風になる可能性も高いので注意が必要です。

 

痛風はどんな人におおいの?

痛風にかかるのは20歳以降の男性が多いです。1992年の東京女子医大の調査では、痛風患者の約98.5%は男性、女性1.5%と言われています。男女差があることが痛風の特徴といえます。

 

女性に痛風が少ない理由は、痛風の原因である尿酸の血液中の濃度(血清尿酸値)が男性より女性の方が低いからです。これは、女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排泄を促進する働きがあるためです。

 

肉や魚介類をたくさん食べると痛風になりやすいことが知られています。また、アルコール飲料では、含まれるプリン体量はあまり多くはありませんが、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇します。お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、特にビールを飲む人の危険度が高いと報告されています。

 

痛風は放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。自己判断で痛風と診断するのは危険ですので、専門知識を持ったお医者さんに診てもらいましょう。

 

痛風の原因とは?

痛風の原因となっているのはプリン体と言われる物質です。これはレバーや魚卵、干物、かつお、いわし、エビなどに多く含まれていて、これらの食品を摂取しすぎることが原因で血液中の尿酸値が上昇してしまいます。

 

尿酸値の正常値は7mg/dl以下です。

 

正常値を超えると高尿酸血症と診断され、痛風の発作がでる危険性があがります。尿酸は尿に混じってカラダの外に出ていくのですが、尿酸値が基準値を超えると溶けきれない尿酸が結晶化して関節などに溜まり激痛を発症して痛風になります。

 

尿酸値の高い人すべてに痛風発作が起こるわけではありませんが、尿酸値が高くなればなるほど、発作に襲われる危険性が高まるのは事実です。

 

痛風の対策とは?

痛風が起きた場合の、応急対策としては、まず患部を冷やすことです。発作の起きた関節を安静にして心臓より高い位置に保つことで痛みを和らげることができます。

 

痛いからといって患部をマッサージするのは、症状を悪化させますので避けましょう。また、バファリンなどのアスピリン系の薬はたくさん飲むと発作がひどくなるといわれていますので飲まない方がいいです。

 

痛風の本質的な対策は、尿酸値を下げる事です。尿酸値が下がれば関節に尿酸が結晶化することもなくなるため、痛風発作の再発を防ぐことができます。

 

尿酸は水に溶けて尿として排出されるため、しっかりと水分摂取を行うことで尿酸値を下げることができます。食間にコップ1杯の水を飲むことを習慣づけるだけで1リットル以上の水分を摂取することができます。

 

同時にプリン体の多く含まれている食べ物をなるべく控えるようにしましょう。

尿酸値を効果的に下げる方法とは?

尿酸は通常は尿とともに体外に排出されますが、体内で作られる尿酸が多すぎたり、腎臓の機能が低下しているときは排出されず体に残ってしまうこともあります。

 

健康診断などで尿酸値の高さを指摘されたら、できるだけ数値を下げる努力もしていきましょう。

 

プリン体の摂取を控える!

尿酸値を下げる方法としては、食生活の改善は欠かすことはできません。尿酸値が高い場合は、プリン体の摂取を控える必要がありますので、食事内容を見直してみましょう。

 

プリン体は多くの食品に含まれていますが、アルコールでは、ビールなどの醸造酒にも多いのでお酒がお好きな人は注意が必要です。食べものではレバー、かつお、魚の干物、かにやイカなどにも多く含まれていますので、こうした食品はとり過ぎないようにしましょう。

 

また、プリン体は茹でたり煮たりすると水に溶け出しますので、肉類や魚介類を多く使う鍋物やすき焼きの煮汁を飲んだりしない方が無難です。できるだけ尿酸を排出するアルカリ性の食品、例えば、野菜や海草を積極的に摂取するのがイイですね。

 

水分をしっかり摂る!

水分をしっかり取ることも大事です。お茶、コーヒーなども利尿作用がありますので、尿酸の排出に役立ちますし、シンプルなミネラルウォーターなら健康を気にせず飲むことができます。目安は1日2リットル以上の水分を摂ると良いとされています

 

尿酸はアルカリに溶ける性質がありますので、選ぶのであればアルカリ性のミネラルウォーターを選んでみてはいかがでしょうか。スポーツ飲料なども良いイメージがありますが、意外と糖分を多く含んでいますので、糖分の取りすぎには注意したいところです。

 

適度な運動をする!

尿酸値を下げるためには適度な運動を行うことも大切です。

尿酸値の高い人はどちらかというと肥満気味の人が多いので、運動も取り入れて適正な体重を保っていきましょう。

 

激しい運動はさらに尿酸値を高めてしまいますので、過激な運動は行わず、ウォーキング、ストレッチなどの軽めの運動を根気よく続けていきましょう。筋トレなどの無酸素運動は痛風の方は避けておいたほうが良いようです。

 

サポニンで尿酸値を改善する!

尿酸値を下げるためには数値の改善に役立つ成分を摂り入れることも役立ちます。

 

オススメは「サポニン」という健康成分です。

 

サポニンは高麗人参などに含まれる成分で、血流を促して新陳代謝を良くし身体を元から健康する強力な成分です。 肝機能の直接働きかけ、中性脂肪を低下させる。そのため肝臓内のプリン体が低下することによって、尿酸値が下がる効果があるといわれています。

 

また、腎機能にも働きをかけるので、腎臓の機能を向上させて、体内にたまった尿酸を排出することで、尿酸値を下げるのに効果があると言われています。

 

サポニンを摂るのにオススメなのは田七人参です。田七人参に含まれるサポニンは、高麗人参の4〜5倍、またケトン、各種精油、フラボン配糖体、各種アミノ酸、ビタミン類、有機ゲルマニウムなども豊富に含まれています。

 

田七人参は、漢方の人参の中でも王様と呼べる存在です。

 

収穫までに最低でも3年、長くて7年もかかる田七人参は、その成長するまでに大地の養分をすっかり吸収しつくすため、収穫後10年は同じ土地で作物が作れないそうです。栄養価も高麗人参と比べても約7倍以上の差があります。

 

白井田七って知っていますか?

 

田七人参を日常的に摂るなら、「白井田七(しらいでんしち)」がおすすめです。白井田七は、98%が田七人参で作られているサプリなので、効率的に毎日サポニンを摂取することができます。(1g当たり約100mgのサポニンを摂ることができます)

 

白井田七は完全無農薬・有機栽培で作った田七人参を使用しているので安心です。発売から6年で100,000本以上売れている大ヒット商品で、リピーターも多く、ネットにも5,000件以上の口コミが寄せられています。

 

実際に飲んだ方の感想を見てみると、

 

  • 「飲み始めて1ヶ月位で尿酸値が安定してきました!」
  • 「から揚げを食べられるようになり、 発作も起きなくなりました!」
  • 「飲み始めて2週間弱で、痛風による関節の痛みも減った!」
  • 「薬事療法をせずに、このまま白井田七だけで済めば万々歳!」
  • 「3ヵ月後の血液検査が楽しみ!」

 

など、効果を実感している方もとても多いです。

 

医薬品ではないので、薬に頼らず痛風の症状をスッキリしたいという方に売れているみたいです。

 

↓ここから申し込むと先着300名限定のキャンペーン価格でオトクに購入できます!

 

 

>>白井田七でつらい痛風の悩みをスッキリする!!

 

 

田七人参の選び方
田七人参を選ぶには、必ず、産地・栽培方法が特定できるような、また、加工・製造方法が詳細に情報開示されている安全性の高いもの選ぶと良いでしょう。