痛風 高尿酸値血症 治療薬

痛風・高尿酸値血症の治療薬にはどんなものがあるの?

 

 

痛風の治療薬には主に3種類あります。

 

  • 痛風発作の痛みを抑える薬
  • 発作直前に飲んで発作自体を抑える薬
  • 尿酸値を下げる薬

 

痛風発作の痛みを抑える薬

痛風は大人の男性が泣くほど痛い発作が特徴の病気です。
発作が起きてしまったらまずは、痛みを取り除くことが第一優先です。

 

発作が起きてしまったら、痛風発作の痛みを抑える薬を使います。

 

痛風発作の痛みを抑えるのは、
一般的に非ステロイド系抗炎症鎮痛薬と呼ばれるもので、
関節の痛みや腫れを抑えて、炎症を改善します。

 

具体的には、ナプロキセン、インドメタシン、ジクロフェナクといった薬です。
痛みや熱の原因を治療する治療薬ではないので、対処療法としての薬になります。

 

 

発作の直前に飲んで発作自体を抑える薬

痛風発作を何回も経験すると、発作が起きる予感を感じるようになるみたいです。
そんなときは、痛風発作を抑えるコルヒチンという薬を飲むといいそうです。

 

痛風発作の激しい痛みの引き金は、白血球が関節にたまった尿酸を異物とみなして、
攻撃することが原因といわれています。

 

コルヒチンは、白血球が関節内に集まるのをおさえる作用があります。
したがって、痛風発作の初期段階に用いと効果的です。

 

直接的に尿酸を減らしたり、痛みをとる作用はありません。

 

 

尿酸値を下げる薬

尿酸値を下げる薬には次の2種類あり、人によって使い分けがあります。

 

  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬

 

尿酸排泄促進薬

カラダにたまった尿酸を体外に出す薬です。尿酸を排泄する力が弱くなっている人に使います。
プロベネシド、ベンズボロマロン、ブコロームといった治療薬になります。
腎臓に働きかけて尿として尿酸を排泄する作用があります。

 

尿酸生成抑制薬

尿酸は体内でキサンチンオキシダーゼという酵素を使って作られるのですが、
この酵素の働きをブロックすることで尿酸が作られにくくします。

 

アリプリノール、フェブキソスタットといった治療薬になります。

 

主に体内で尿酸を過剰に作ってしまう体質の方に使います。
フェブキソスタットは尿酸排出型としての働きもあります。