痛風 治療 病院 何科

痛風の治療は何科で診てもらうべき?

 

 

 

「健康診断で尿酸値が高いといわれた。。」
「足に激痛が、、これって痛風?」
「病院に行きたいけど、何科に行けばいいの?」

 

痛風を病院で診てもらうとき、何科にかかればいいのか迷いませんか?
足の痛みだから整形外科のようにも思えますし、血液中の尿酸値が高いことが原因だから内科かもしれないし…

 

痛風の治療何科か?

一般的には、痛風の発作が起こっていれば整形外科を受診するのがよく、
痛風の原因である、尿酸値の管理は内科が主体となります。

 

痛風発作が起きて既に腫れて痛い場合は整形外科を受診しましょう。

 

それ以外にも神経内科でも処方を受けられます。
しかし、神経内科医は元々代謝疾患の専門的教育は受けていないことが多いため、
痛風の治療は内科医のほうがベターといえます。

 

また、痛風を専門にしているクリニックもありますので探してみるとよいでしょう。
薬の処方のほかに食事指導や栄養指導も受けることができます。

 

痛風の診断と検査とは?

痛風発作が疑われる場合、初診時には以下のような問診があります。
お医者さんが痛風かどうか正しく判断できるように、答えられるようにしておきましょう。
実は痛風に似た病気で、実際は痛風でない場合もあります。

 

問診内容の例

  • 発作が起きた日時は?
  • 発作が起きた部位は?
  • 痛みの強さの程度やどんな痛みか?
  • 1回の発作の長さや、発作の回数は?
  • 発作が起きる前に症状はあったか?
  • 以前に痛風発作を経験しているか?
  • 合併症の有無、治療薬を飲んでいるか?
  • 家族に痛風患者はいるか?
  • 食事、お酒、運動、仕事時間などの生活習慣は?
  • 普段のストレスなどの度合いは?

 

他に血液を採って血中尿酸値を測ったり、採尿して1日に尿酸をどのくらい排泄できているかなどを調べる検査をします。